取材について


 

<1>

 

 吃音について新聞記事等に記載される際には、「吃音(どもること)」(吃音には「きつおん」とルビ)、もしくは「吃音(きつおん=どもること)」とご表記ください 。

 

 「きつ音」という表現は、会員からわかりにくいという指摘がありました。また、「吃音(きつおん)」のみでは、この表現が 日常あまり使われない表現であるため、読者にとってわかりにくいことが予想されます。今後は「どもること」といった記述を入れていただくことを希望いたします。

 

<2>

 

 「言語障害」と一括せず、「吃音」、「どもる」といったことばをご使用ください。

 

 過去にご報道いただいた記事の中には、吃音のことを「言語障害」と表現され、「吃音」、「どもる」といったことばを用いて いただけなかったものがありました。言語障害にも様々なものがあります。言友会の事業等についてご報道いただく際には、対象を明確にするため、「吃音」、「どもる」といったことばをご使用いただければ幸いです。 一般に「どもり」という表現は「差別表現」とされることが多くあります。しかしながら、「どもる」、「どもること」、「吃音」という表現に関しましては、ことばが滑らかに出てこない現象を示すことばであり、ご報道いただく際に用いていただいて問題ないと私どもは考えております。また、「吃音者」、「どもる人」ということばについても、同様に用いていただいて問題ありません。

特定非営利活動法人 全国言友会連絡協議会

所在地

 

〒170-0005

東京都豊島区南大塚1-30-15 

電話  03-6908-6333
 

当法人には、着信に対応するための常勤職員を設置しておりません。そのため、お問い合わせはお急ぎの場合を除き、メールでお願いします。また、出版関係のお問い合わせについては、まず「出版事業案内」をご覧ください。お電話での注文や在庫確認、お見積もりには対応致しかねます。

FAX

03-6908-6345

 

 

 

出版関係のご注文、在庫確認、お見積もりは、可能な限りメールでお願いします。FAXでのご連絡の場合、お返事差し上げるまでに時間を要する場合がございます。

メール info@zengenren.org
・電話の受付時間は月曜日から金曜日の9:00~18:00です(祝日を除く)。なお、非通知設定での着信には応答することが出来ませんので、ご了承ください。
・取材の場合は、趣旨や目的をあらかじめお伝え下さい。また、必ず事前に「取材について」をお読み下さい。お読み頂けていない場合、取材をお断りすることがございます。なお、「吃音について」に書かれている以上の専門的な情報については、当法人ではお答え致しかねます。
・個別の相談(例:お子さんの吃音への対応方法の確認や、医療機関の紹介など)には、原則として応じることができません。ご希望の場合は、お近くの加盟団体までご連絡ください。
・後援等のご相談については、事前に「後援名義申請等承認規程」をご覧ください。同規程に明記されている内容についてお問い合わせ頂いた場合は、対応致しかねる場合がございます。

Copyright © 特定非営利活動法人 全国言友会連絡協議会 All rights reserved.